初めてのベビーローションはランキングで決まる|スクスク赤ちゃん

赤ちゃんとお母さん

小さな体への影響は大きい

ミルクを飲む赤ちゃん

日本の水道水は、世界でも数少ないそのまま飲めるお水です。世界的に見ても日本の水道水はきれいと言われていますが、赤ちゃんにとっては別です。水道水には消毒のために塩素が含まれているのですが、赤ちゃんの粉ミルクなどに使用する場合には塩素を抜くために一度沸騰させるという方が多いでしょう。しかし、水道水は沸騰してすぐに火を止めてしまうと、トリハロメタンという有害物質が発生すると言われています。トリハロメタンは発がん性物質で、大量に身体に入ってしまうことで中枢機能や肝臓機能に影響を及ぼすと言われています。沸騰させた水道水を飲んで、すぐに害があるというわけではありませんが、小さな赤ちゃんの口に入るとなると心配です。しかし、このトリハロメタンは15分から20分ほど沸騰させ続ければ消える物質です。水道水を利用したいけど心配だという方は、15分から20分ほどしっかりと沸騰させれば問題ありません。ただ、小さな赤ちゃんを持つお母さんにとっては、20分も水道水を沸騰させ続けるのは手間になります。そのため、赤ちゃんがいるご家庭では天然水やピュアウォーターを利用することがおすすめと言えるのです。ドラッグストアやスーパーでも購入できる市販のものでもよいですし、ウォーターサーバーを利用するのもよいです。しっかりと水質調査を行っているメーカーを調べてからお水を選ぶとさらに安心です。まだ胃腸の弱い赤ちゃんのために、ミネラルをあまり含んでいない軟水かピュアウォーターを選んであげるとよいでしょう。