初めてのベビーローションはランキングで決まる|スクスク赤ちゃん

赤ちゃんとお母さん

飲み物代の節約

タンブラー

外出先での飲み物代を節約するため、水筒を持ち歩く人が増えています。近年の水筒は進化していて、長時間温かさも冷たさもキープすることができるものがほとんどです。サイズも様々で、少量飲みたいとき向けに小さなものから、しっかり飲みたいとき向けの大きなものまであります。大きめと言っても、500ミリリットルが入るサイズものでもスリムでコンパクトなデザインが多くなっていて、さほど嵩張らないのも良い点です。また、小さなお子様がいる方もベビー用の飲料を水筒で持ち歩く方が増えています。ベビー用の飲料は、コンビニや自販機ではあまり見かけないので、自宅から持ってくるというお母さんが多いのです。水筒を出しているメーカーの中には、小さなお子様向けの商品を出しているところもあります。お子様向けの水筒は飲み口にいくつか種類があり、成長に合わせて選ぶことが大切です。一番飲みやすいタイプはストロータイプで、中身がこぼれにくいのが良い点です。直飲みタイプは簡単ではありますが、飲み口が広いために小さいお子様の場合、こぼしてしまう可能性があります。コップタイプの水筒は、フタがそのままコップになるタイプのものです。フタをあけて注がなくてはならないので、立ったままや片手では飲ませづらい可能性があります。まだ小さいお子様の場合、ストロータイプが一番扱いやすいと言えます。最近では、ストロータイプでも真空性のものが販売されていますので、温かい飲み物も冷たい飲み物もそのまま楽しむことができます。